上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
来年度の事業計画(目標)をまとめてみました。

1車両関係
◎新車
・2100形完成車(GM製)8両導入
◎更新・改造
・1500形(1700番台)更新
・1000形エラー修正・グレードアップ改造
・600形(650番台)1両修繕

2設備関係
・レイアウト全面更新

3イベント関係
・鉄道模型ショウ見学
・鉄道博物館見学
・ことでん撮影旅行


新車投入は新製品の発売等(京急1000形ステンレス車など)で変更があるかもしれません。多くの目標が実現するように計画的に進めていきたいと思います。


スポンサーサイト
今日から本格的に初代レイアウトの取り壊しを始めました。
線路は新しくする予定ですが、建物は使い回しをする予定なので丁寧に取り外して保管します。

001 (2)
初代レイアウト最後の雄姿。

003_20080329221045.jpg
取り壊し中の図。これが現実の世界ならばかなりの惨状です。

005_20080329221553.jpg
線路の撤去まで完了しました。夜になったので今日の作業はここまでにします。(結構しんどかった・・・)
つづきは、また今度
今日の一枚(ありがとうギャラリー号)
Image018 (2) (上大岡にて)
登場してはや1ヶ月、もう振り向く人も見かけません。(←まだ見かけます。)
昨日に引き続き800形(カトー製)です。更新後の姿を模型化しました。
001 (2)

3・4号車となる中間車はパンタ・配管を撤去し、4号車浦賀寄りに貫通扉を設置しました。床下機器は実物どおりに並び替えをしています。
002_20080327202520.jpg

もう再生産はしないでしょうから、大切に扱いたいと思います。
今日は所有車両の紹介です。
008_20080326191709.jpg
中間車化改造編成の800形(カトー製品改造)

006_20080326191850.jpg007_20080326191908.jpg005_20080326191928.jpg
(写真左)ツルッとしたイメージの中間車改造車。塗装は現行仕様の妻板白帯を省略した姿にしています。
(写真中)乗務員扉を埋めて、その部分には小窓を取り付けています。
(写真右)屋根上は前期型車両の特徴である換気扇(トレジャータウン製)をつけています。集中クーラーは同じくトレジャータウン製の4本スリッドタイプに交換しています。
004_20080325192500.jpg
今年のファミリーフェスタは、Wギャラリー号が主役になるのでしょうか?
今日会社帰りにヨドバシカメラで塗装ブースを衝動買いしちゃいました。まあ、せっかくのエアーブラシも塗装ブースがないと室内で使えないし・・・(←言い訳)
値段は10000円程でしたが、6000円分のポイントがあったので約4000円で買えちゃいました。
005_20080324223122.jpg
私が購入したタミヤのスプレーワーク・ペインティングブース
ためしにスイッチを入れてみましたが音はとても静かで(取扱説明書には作動音が50デシベルと書いてありました)、これなら真夜中の作業でも近所迷惑にならないレベルだと思います。そうでありながら排気口に手をかざしてみるとエアーの吹き出しはなかなか力強いのが頼もしいです。

004_20080324223330.jpg
マンションの排気口にパイプを差し込めばらくらく排気ができます。

007_20080324223513.jpg
折りたたむとこのようにスッキリと収納できます。
005_20080323002818.jpg
仲良く手を組む新1000形と2000形
 現在のレイアウトは5年くらい前に作ったものですが、不満な点がいっぱいあります。不満だらけで直す気にもなれず、未完成のままずっと放置状態となっていました。そこで、一度リセットしてレイアウトを作り直す決心をしたのですが、着工前に自分なりの反省点を踏まえて基本的な構想・目標を立てることにしました。

レイアウトの基本構想・目標
1 京急の電車しか走らないので京急沿線の雰囲気を出す。(下町的雰囲気)
2 1年で完成させる。(おしりを決めたほうが計画的にできそうなので)
3 複線にする。(京急に単線区間はほとんど無いので)
4 8両編成が停車でき、追い抜き施設のある駅を設置する。(追い抜きは京急らしさの一つだと思います)
5 車庫を設置する。(いろいろな車両がすぐに運転できるように)
6 いつでも修正可能なように極力接着剤を使用しない。(メンテナンス性向上のため)
7 ほこり対策をする。(ほこりは大敵です)
8 なるべく経費をかけない。(というか、かけられない)

と、一応いろいろと思いついたことを列記してみました。計画どおりに進むとは思いませんがこれを目標にやっていきたいと思います。

(おまけ画像)
001 (2) (弘明寺にて)
弘明寺の中里温泉の帰りに撮影しました。
沿線の桜のつぼみも大きくなり、春はもうすぐという感じでした。
先日から取り掛かっていた、模型製作用デスク周辺の整備が完成しました。

001 (2)  005_20080320192730.jpg007_20080320192800.jpg
カーテンをブラインドに変更し、袖机とカラーボックスを追加しました。袖机には工具や塗料などを置くつもりです。カラーボックスには先日購入したエアブラシが収納されています。
我ながら上品な仕上がりに満足しています。

006_20080320192744.jpg
こちらのレイアウトは作り直す予定で現在、建物や部品の取り外しを始めています。できれば1年ぐらいで開通させたい(←できるのか?)と思います。

(本日のおまけ)
008_20080320192816.jpg009_20080320192836.jpg
これは今日の折り込みチラシですが、ソレイユの丘で鉄道模型展示&運転会を行うみたいです。
都合が合えば行ってみようかと思います。

「ソレイユの丘」ホームページはこちら
用事を済ませた後、この前乗れなかった歴史ギャラリー号を乗りに行ったのですが、、、

006_20080320083553.jpg004_20080320083540.jpg
大師線ホームには通常塗装の1000形が停車していました。次当たり来るかな・・

003_20080320083608.jpg001 (2)
しかし次に現れたのも普通の1000形(写真省略)。その後がこの1500形。

たしか日中は3本で運用しているはず・・・残念ながら今日も振られてしまいました。

(おまけ画像)
011.jpg(堀ノ内にて)
どうでもいいことですが、日中は見えずらいLEDの表示も夜はこの通り鮮やか。
最終回はことでん仏生山工場付近の散策記録です。
仏生山駅に隣接した仏生山工場は琴平線・長尾線の整備を行っています。

DSC01164_20080320204229.jpg
元京急車たちの並び。第2の職場でのんびり悠々自適の生活という感じでした。
DSC01172.jpgDSC01171.jpgDSC01202.jpgDSC01201.jpg
工場内の様子。部品の保管方法や設備など大手私鉄とは一味違う趣があります。

DSC01194.jpgDSC01192.jpg
片隅には部品を取られたTS310台車の残骸が放置されていました。京急線上からTS310が消滅した今、部品確保は今後どうなるのでしょう。
発注していたエアブラシセットが今日届きました

006_20080317220314.jpg セットの内容(コンプレッサ・レギュレータ・エアブラシ・ホース・スタンド等)

取扱説明書を一読しましたが扱いが結構面倒臭そうですねえ(汗)。使いこなすには数をこなしていくしかなさそうです。

008_20080317220728.jpg 持ってみた感じはとても手に馴染みます。

とりあえず早く使ってみたいです。(使用後の感想もいずれアップします)

話題とは全く関係ありませんが、、、
005_20080317221743.jpg
職場で鉄博(←注:鉄道博物館のこと)のお土産をいただきました。(うらやましー、テッパク行きたいー)
突然ですが、ついにエアブラシを買うことにしました。
缶スプレーも手軽でいいのですが、塗膜がどうしても厚くなってしまうのが欠点でした。そのためいずれはエアブラシを導入したいなあと常々思っていたのですが、安い買い物でないし、取り扱いも面倒そうだったのでずっと躊躇していました。
私が購入を決めたMr.リニアコンプレッサーL5/エアブラシセット
コンプレッサー・レギュレータ・エアブラシ・スタンド等がセットになっているのですぐに使えます。

別に購入する気はなかったのですが、いろいろなサイトを見ていたら偶然タムタムというホビーショップのページにたどり着き、私の購入条件である?低騒音(夜間でも迷惑にならない)?性能(特にコンプレッサーのパワー)?価格(すべて込みで30,000円以内)をすべてクリアしていたので思わず注文してしまいました。(最近買い物しすぎのような・・・ちょっと反省)

でも、これで天候や時間を気にすることなく塗装ができます。次は塗装ブースかな・・・(貯金しなくちゃ)


今日、ホームセンターで模型製作専用デスクを買ってきました。

実は今までリビングのテーブルで模型を製作していたのですが、接着剤などのシンナー臭も気になりますし、使い勝手にも少々不便を感じていました。
そこでレイアウトルーム内のデッドスペースを活用して専用の作業デスクを導入することにしました。

004_20080315203021.jpg → 001 (2) 
こんな感じで設置できました。手元を明るく照らす電気スタンドも一緒に購入しました。まさに男のお城・・・
(ちなみにカーテンは後日ブラインド式に変更の予定です)

サイズは幅90センチ・奥行40センチ・高さ70センチと決して大きくありませんが、これだけあれば十分という感じです。後日このデスクの中に収まる収納ラックも届く予定なので工具やパーツなども手元に置いて作業できます。また目の前は窓なので換気の面でも問題ありません。これで模型製作が今まで以上にはかどると思います。
マイクロエース製1000形集中クーラー車を改造中です。

007_20080314193655.jpg 塗装をはがした状態。ここまでいったらもう後戻りできません・・・

この製品、はっきりいってツッコミどころ満載です。
もうマイクロエースの製品は二度と買わないと思ったくらいです。(注:最近の製品には満足しています)
そんなわけで、ずっと放置していたのですが、そのままにしていてもしょうがないので捨てるつもりでいろいろと手を入れてみました。

008_20080314223720.jpg004_20080314233757.jpg005_20080314223755.jpg
なぜか先頭車のドア幅が不揃いなので、中間車のボディと運転台をつなげています。また、テールライトがのっぺりしていた(参考写真・右)ので、リトルジャパンの余剰パーツからテールライトを移植しています。

今日の作業はここまで。完成まで長い道のりになりそうです。続きはいずれアップします。
現在入手が困難なカトー製京急800形です。

この製品の歴史は古く、発売は昭和56年ころ(私は小学生でした)だったと思います。当初は塗装済みキットで、その後、完成品となり実車の塗装変更に合わせて新塗装が発売されるなど改良が重ねられました。その出来栄えは現在のレベルと比較しても全く見劣りすることがなく、このあたりはさすがカトー製という感じです。
私は旧塗装・新塗装3両編成各1本と6両編成を2本の合計18両所有(ちょっと自慢)しています。6両編成もいずれアップしたいと思います。

001 (2)003_20080313203305.jpg
いわゆるクロスシート車塗装の元祖はこの800形でした。
創立120周年の時はこの800形のリバイバル塗装がみられるのでしょうか?

005_20080313204150.jpg 「だるま」のニックネームがついた顔。
004_20080313204339.jpg 立体的な屋根上表現もgood
008_20080313204538.jpg 昨年発売の2000形と並べても全く遜色ありません。


800形が登場して早いもので今年で30年が経ちますが、後継車の噂も聞かないのでしばらくはその雄姿が見られそうです。
ことでん1200形(元京急700)の撮影記録です。

平成15年から18年にかけて11編成22両が譲渡され、現在ことでんの最多勢力となっています。
正直なところ4ドアの700形がこんなに譲渡されるとは思いませんでした。

DSC00272.jpgDSC01177.jpg
ことでんのイメージキャラクター「ことちゃん」をヘッドマークにあしらった「ことでんことちゃん号」の1201編成。2両編成化に伴い、パンタグラフは1基撤去されています。

DSC00665.jpgDSC00663.jpg
金運がUPしそうな「しあわせさんこんぴらさん号」の1205編成。

DSC01205.jpg
一部の車両は車番表記が右にずれています。

川崎大師への参拝客を運んだ700形が今度は遠く四国の地で金刀比羅宮の参拝客を運んでいることも何かの縁でしょうか。

現在、上大岡駅で開催されているパネル&グッズ展を会社帰りに見てきました。

001 (2)
歴代車両の写真が展示されています。展示は品川から南下しているようです。

002_20080311105137.jpg004_20080311105243.jpg
「マリンパーク号」と「通勤快特」のヘッドマーク
マリンパーク号は10年くらい前まで見ることができました。一方の通勤快特は運行開始時に種別表示が廃止されていたので実際には使われていません。

003_20080311105956.jpg006_20080311110024.jpg
快速特急の文字が誇らしげに見えます。
N1000(6次車)のトレインショーティーを組み立ててみました。

013_20080310191508.jpg015_20080310192212.jpg
京急の駅売店で2000円で販売しています。ボディの塗装は思っていた以上にきれいでした。前面は改造用パーツとしても使えそうですので、腕に自信のある方はNゲージで製作してみてはいかがでしょうか。

017.jpg018_20080310192813.jpg
組み立てはパチンと部品をはめ込むだけ(接着剤も不要)なので簡単です。走行を考慮してNゲージの台車にも対応しています。

010_20080310193106.jpg
ステッカーを貼って完成です。おもちゃですが結構リアルです。
買い物のついでに無架線地帯の様子を見てきました。

006_20080309173431.jpg009_20080309173518.jpg
先日廃車になった1267編成の解体が行われていました。

001 (2)003_20080309173747.jpg
中間車は車体が輪切りされて搬出を待つだけの状態になっていました。

007_20080309173913.jpg
後方には1275編成の中間車2両が留置されていました。解体待ちなのでしょうか。
ポカポカ陽気に誘われて春の江ノ電沿線を散策しました。

022_20080308182512.jpg025.jpg
一日乗車券「のりおりくん」と鰺の押寿しを購入し、いざ出発です。

028.jpg040.jpg026_20080308185401.jpg
鎌倉高校前駅でパチリ。やはり江ノ電はクリームとグリーンのツートンカラーがよく似合います。押寿しはこの近くの公園で海を眺めながら食べました。

030.jpg029.jpg046.jpg
江ノ島駅でぶらり~(滝口順平風に)。今日は江の島には向かわずに線路沿いを鎌倉方面へ戻り、併用軌道区間で江ノ電をパチリ。撮影ポイントの近くには江ノ電最中で有名な扇屋があり、お店に江ノ電が埋め込まれています。と、いう訳で江ノ電最中をお土産に買ってきました。

icon
iconNT74 江ノ島電鉄(江ノ電) 新500形2両セット
icon


 ことでん1080形(元京急1000)の撮影記録です。昭和63年から平成2年にかけて1000形初期車のうち6編成12両が譲渡され琴平線で活躍しています。平成19年に後期車2編成4両が1300形として長尾線に入線しています。

DSC01198.jpg 日差しをあびて高松築港へ向かう1080形

DSC01231.jpg 旧友との再会(琴電琴平にて)
初期車両の特徴としてアンチクライマーの一番下が半分の長さしかありません。

DSC00675.jpgDSC00662.jpg
新塗装(左)と旧塗装(右)。ラインカラー化のため琴平線は下半分がイエローに塗り替えられました。現在はすべての車両が新塗装になっています。

DSC01165.jpg 妻面の角が丸い1000形初期車両の特徴を残しています。
昨日納車された、京急2000に小加工を施しました。

001 (2) ◎作業メニュー◎
(1)先頭車連結器をTNカプラー換装
(2)中間連結器をカトーカプラーに換装
(3)前面・側面に種別・行先ステッカーを貼付


007_20080306195101.jpgTNカプラーは密連形(品番0332)を使用します。取り付けの前に連結器の下の部分は京急電車には必要ないので除去します。(作業後・左、作業前・右)あとはダミーカプラーを台座ごとはずして付け替えるだけです。

009_20080306195823.jpg015_20080306195849.jpg014_20080306200216.jpg
カトーカプラーは密連形A(グレー、品番11-704)を使用します。付随車はネジ止めをはずしてアーノルドカプラーをカトーカプラーに交換するだけです。動力車はそのままだと交換できないので、一度ボディをはずし、動力ユニットの紫色のカバーをこじってはずします(写真中央)。右の写真の状態になれば交換が可能です。

016.jpg仕上げにステッカーの貼付をします。ステッカーはGMの余りのものを使用しています。側面はそのまま貼ればよいだけですが、前面は内部から貼る必要があるため一度ボディをはずし、中のライトユニットと窓を取り外します。取り外しの際は部品の破損や紛失に注意が必要です。

これで完成です。めでたく本線出場!(LEDがまぶしい・・・)
018_20080306220504.jpg022.jpg023_20080306220554.jpg
作業所要時間は90分ぐらいです。
上新電機さんに発注していた2000形3ドア車8両編成が本日、無事到着しました。

013_20080305115405.jpg009_20080305115531.jpg

入金の翌日に配達されました。いつも早い対応ありがとうございます。
今後、行き先シール貼付、TNカプラー取り付け等を行う予定です。(いずれ詳細をアップします)

010_20080305120245.jpg
このちょっと寒いキャッチフレーズ(失礼〉、誰が考えているのでしょうか?
私が京急電車製作で使用するアイテムを紹介します。

005_20080305103835.jpg
自転車等に貼る反射シール(左)、文房具店で売っている1ミリ幅の白のラインテープ(右)。
さて何に使うか解りますか?

正解は、、、
002_20080305104403.jpg007_20080305104451.jpg
 反射シールはテールライトの赤色の表現に使用します。反射シールの赤が実感的ですし、なにより塗装するより簡単なうえに「カチッ」ときまります。写真の量があれば一生分もつと思います。
 ラインテープは京急の赤いボディに通る白のラインを表現するために使用します。塗装するよりお手軽なうえ、きれいに仕上がります。私は自分の腕と相談して、この工法を採用しています。
 ご存知かと思いますが、通常京急を製作する場合、白を塗装→マスキング→赤を塗装します。しかし、この赤が結構くせ者なんです。隠ぺい力が弱いため下地の白が透けてしまうのです。そのためきれいに発色させるためには結構厚めに塗装する必要があり、結果ボテボテ感がでてしまいます。エアーブラシを導入すればこの問題は解消するのでしょうが、、、
 ちなみに150分の1スケールのNゲージだと15センチの帯が1ミリになります。
ことでん1070形(京急旧600)の撮影記録です。

DSC01197.jpg
ことでん初の冷房車として登場した1070形。正面は譲渡時に貫通扉付きに改造されています。
現在は朝ラッシュ時のみの運用で予備車的な扱いとなっています。

DSC01183.jpgDSC01168.jpg
DSC01190_20080305003740.jpgDSC01186.jpg
模型の資料として撮影した写真。東急製車両の床下機器の配置がこれで判ると思います。


琴電ー古典電車の楽園 讃岐に生きる大正浪漫のオールドタイマー
ツイングルシートでデビューした京急600です。
現在ロングシートへの改造が急ピッチで進められています。

001_20080303195141.jpg002_20080303195212.jpg
連結面のダンパは実物に合わせて撤去。前面窓下の黒はデカールで表現。

004_20080303200020.jpg005_20080303200109.jpg
先頭車は中間車のボディとのニコイチで実車のイメージに近づけています。650番台のためシングルアームパンタを搭載、ランボードも延長しています。

 GM京急新600キットを利用して4両編成の650番台を製作しました。このキットは先に発売された京急1500の金型を流用しているため窓の寸法等が違っており、厳密には「600タイプ」になります。京急大好き人間の私は、タイプのままではどうしても気に入らなかったので、多くの部分に修正を加えています。とても手間がかかった車両ですが、それゆえに愛着も結構あります。
 先日、私の不注意で久里浜寄りの先頭車を破損してしまい、現在工場入場中です・・・orz

PS. 今日、上新電機さんに本年度最終増備となる2000形3ドア8両を発注しました。納車が今から待ち遠しいです。
 
平成19年に廃車となった、ことでん30形(京急元230)の撮影記録です。

DSC01208.jpgDSC01211.jpg
 正面貫通化されていますが、面影を残しています。京急独特の金魚鉢スタイルの乗務員室仕切りもそのまま。 

DSC01217.jpgDSC01214.jpgDSC01213.jpg
 こんなのどかな所で第二の人生を送っていました。(うらやましい・・)海のすぐ近くに線路があり、座って車窓を眺めていると海上を走っているかのような錯覚に陥ります。シートの色は緑に変わりましたが肘掛けは京急時代のまま。車内にはこんな説明書きが(よく見ると湘南が湖南に)。

 「湘南・京浜電鉄」、「京急」から「ことでん」と働き続けた75年間、本当にお疲れ様でした。


icon
icon
503-1 京浜急行電鉄(京急)230形・高松琴平電鉄(琴電)30形 未塗装車体板キット 2両セット
icon
「京急110年の歴史ギャラリー号」の撮影に行ってきました。

008_20080301145801.jpg010.jpg 行き先が「特急 西馬込」!?(新町検車区にて)。

 110周年記念イベントのラッピング電車です。こちらは大正から昭和30年代まで活躍したデ51形(のちのクハ140形)がモチーフとなっています。ラッピングですがリベットやシルヘッダーの凹凸がうまく再現されています。

015_20080301150449.jpg アンチクライマーと渡り板は同色で塗装されているようでした。

 今日は天気もよかったので、私と同じように撮影されている方があちらこちらにいました。(鉄ちゃんが増えているのでしょうか?)

プロフィール

づめちゃん

Author:づめちゃん
73年生まれ うお座 B型
横須賀在住の京急電車ファン

FC2カウンター
本・雑誌・CD
最近のトラックバック
ブログランキング
ランキングに参加しています。よろしければ、ぽちっと一押しお願いします。
ブログ内検索
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。